エステの資格を取得する方法は?

美容ブームのなか、エステの人気が高まっています。
ではエステで働くためにはどのような資格が必要なのでしょうか。
エステといえばまずエステティシャン。
代表的なものでは日本エステティック協会が主催、日本エステティック業協会が主催、国際エステティック協会が主催する認定エステティシャンが挙げられます。
それからネイリスト。
これもいくつかの団体による資格があり、その中から選ぶことになります。
最近人気なのがアロマテラピスト。
アロマテラピー専門のエステなども登場しています。
代表的なものでは日本アロマ環境協会が主催する「アロマテラピー検定」「アロマテラピーアドバイザー」、日本アロマコーディネーター協会が主催する「インストラクター」などがあります。
このように、エステの資格にはさまざまな種類があるため、目的に合わせて取得を目指すことになります。