住宅ローンフラット50とは?

フラット50とは、長期優良住宅の認定を受けた住宅について、償還期間の上限を50年間とする制度です。
この住宅ローンを利用できる条件があります。
まず1つ目は、申し込み時に年齢が44歳未満の方となっています。
50年間のローンですから、年齢に条件があるのは当たり前といったら当たり前ですね。
では、44歳以上の方は利用絶対できないというと例外があります。
それは、親子リレー返済をつかうのです。
この制度は、申込本人の年齢にかかわらず、後継者の申込時の年齢により返済期間を計算できるものです。
さて話しはフラット50に戻って、条件の2つ目は日本国籍を持ち、永住許可を受けている特別永住者の方。
年収400万円未満の方は30%以下、年収400万の以上の方は35%以下となります。
フラット50で借入することができる金額は100万円以上6000万円以下となっています。
フラット35に比べると金額は少し小さいですが、これも長い期間借りるためしょうがないでしょうか。
しかし、一戸建てなら十分購入できる金額ですよね。
50年間といった長い期間返済するということで、月々の返済額は小さくすることができ、頭金がなくてもマイホームを購入することができるのがフラット50です。
50年間変わらない金利のため多少金利は高いですが、50年間という長い期間計画的に返済することが可能です。
住宅ローンは年収の何倍まで借入れできる?